グアムなら海!ジェットスキーで楽しむための持物と注意点!

スポーツ

こんにちは!林です。夏本番ですよね!

だったら海に行く方も多いかもしれませんね。日本の海も素晴らしいですが、グアムの海もいいですよ!

海外に行った方が雰囲気も違いますし、海もきれいで、太陽の光が燦燦と降り注ぐ中で、大海原を爽快に駆け抜けていくのはサイコーですよ!

今日はジェットスキーを楽しむ上での注意点と、服装などをお伝えしたいと思います。

ジェットスキーをする上での持物と注意点

海でやるスポーツなので想像は付きますよね!でも準備は必要!!

グアムは日本の夏とよく似ているのですが、日本よりも日差しが強いので、サングラスは必須ですし、街中でもサンダルで歩いている人も多いので、、、

ジェットスキーをしていて感じたのは、日差しが強くて、海が鏡のように反射して、自分に降りかかってきますので、サングラスは必須ですね!

海なので、特にデコボコしているわけではないですし、平らに見えるのですが、波が少し大きくなっているところもあるので、スピードの出し方には注意したほうがいいなと感じました。

いきなりスピードを出してしまうと、海のしぶきが顔に当たって、海水を何度も飲むことになります(私はコンタクトレンズが外れてしまいました泣)

持物や注意点があれば、よりよく楽しめると思います。




ジェットスキーで必要な持物

サングラス(海に出るときもつけていったほうがいいと思います。陸にいるよりも日差しが強く感じたので、、、)

水着(ホテルであらかじめ下に着て、その上から、Tシャツ、短パンを着たほうがいいと思います。車で送迎してくれますし、そんなに遠くないので、蒸れる心配はないと思います)

タオル(バスタオルと普通のタオルの1枚ずつ持っていくほうがいいと感じました)

ウォーターシューズ(ドンキホーテで私は手に入れました。グアムの白浜って、結構きれいで、ごみやガラスのようなものは落ちていなかったとは思いますが、小石や貝殻を踏むと結構痛いのではないかと。足を守るためには必要なのではと、感じています)

日焼け止めのクリーム(これは人によりますね!男性はあまり日焼けに気を使う人はあまりいないと思いますが、女性は持って行った方がいいかもしれませんね)

※ライフジャケットは現地の海で貸してもらえるのでご心配なく※




ジェットスキーの楽しさと注意点

ツアーを組んだ際には、待ち合わせのホテルにガイドさんが来て、車で現地の海まで、送迎してくれますので、時間には遅れないようにしてくださいね!(遅れると放置されるので注意です)

現地に着いたら、申込書に書面して、それから、着替えですね!

着替えに関しては、更衣室やロッカーがありますので、自分が着てきた服をカバンに入れて、ロッカーに入れておくと、安心です!

そこから、ガイドさんからのレクチャーになるのですが、私が行ったときは黒人の方が、片言の日本語で、丁寧に教えてくれるので、よく聞いて、理解に努めましょう。
乗り方自体も簡単でした、グリップのところにアクセルがついていて
握る→アクセル
離すと→ブレーキ

ガイドさんは、「ブレーキはないですよ」と脅かしてきますが、ご安心ください、、
(このガイドさん、ちょっと観光客で遊んでるな、、、と感じましたが、一緒に行った先輩が色々と聞いてくれて、頭の中が整理されましたね笑)

ジェットスキー自体の説明後は実際に乗ってみて、軽くアクセルを握りながら、運転してみますが、結構簡単で、難なく乗ることができます。

止まるときも手を放してみたりと。レクチャーしてくれているときは、結構ゆっくりとやってくれるので、分からないことがあったとしても、ガイドさんに質問されることをオススメしますよ!

ガイドさんに続いて、みんなで海に走り出していくのですが、最初はゆっくりと走り出していくので、ついて行って下さい。(前の人との間隔が開くと少しスピードを出して走っていかないといけなくなるので、気をつけてくださいね)

ガイドさんも私たちの慣れの早さに気をよくしたのか、かなりスピードを上げていきます。

実際に大海原を走ると爽快感が半端ではない!!!

※なんですが、注意点ももちろんあります※

・スピードを上げるときはゆっくりと上げていったほうが賢明!
→いきなりアクセルを握っていくと、スピードは当然上がっていくのですが、その中で、勢いが余って、波の上を跳ねるので、結構怖いかもです。

そのうえ、水しぶきが顔に当たって、海水を飲んだり、顔に結構当たったりもするので、徐々にスピード上げていくことをオススメします!

それとスピードを上げすぎると前からくる風で体が引き離されそうになったりもするので、かなり怖かったりもします、本当に気をつけて下さいね。

まとめ

グアムの海で楽しむためには、持ち物は必ずということもそうですし、やっぱり時間に遅れないようにしてくださいね!

それと現地に行ったら、ガイドさんの言うことはきちんと守ること

スピードは必ず徐々に出していくようにしてくださいね!

※追記※

ジェットスキーで走行しているときにドローンで、私達の姿を写真で取ってくれているので、終わって、陸についた際には、お写真の購入を検討されると、旅のいい思い出になると思いますよ。

陸ではご自身のスマホを現地のガイドさんに渡して取ってもらうことは可能です(海での走行中にスマホは危険なので)

ここまでご覧頂き、ありがとうございました。




コメント

タイトルとURLをコピーしました