ボルダリング3年目、30歳男性が教える初心者向けの持物と注意点

スポーツ

こんにちは!
管理人の林です。
ボルダリングって最近流行ってますよね!
僕も結構好きで行くことがあるんですけど、ボルダリングを始めたいなという方々。

やりたいなとは思うものの、どうしていいかわからないですよね?
服装だったり、準備するものだったり、、、諸々

今日はそんなあなたに、ボルダリングを始めるにあったて、準備すること、注意点をお伝えしていこうと思います。

ボルダリングをする上での服装

ボルダリングをする上での服装って、動きやすい服装だったら何でもいいんですよね~。

それこそ半袖、短パンでもいいですし、それこそ実際に登っている人って、ラフな服装の人が多いので、そこまで気を使わなくてもいいと思います。

動きやすい恰好だったら、何でもOK!(ちなみに、私は、黒のYネックのTシャツに短パンで行きました)

なので、、、

あまりイメージが付かないなって人は、スポーツジムに行く格好を想像してみるといいかもしれませんね!

ただ、滑り止めのチョークを手に付けたり、チョークがマットに付着していることもあるので、汚れてもいい服装でいくのがオススメ!

持ち物

持ち物って言って人によって、それぞれなので、僕がやってきた中で、必要なのが4つくらいかなと思います。

着替え
登った後っていうのは結構汗かくんですよね、、、それと、登る際に、滑り止めに使うチョークがシャツについたりもするので。

代わりとなるTシャツ、下着、靴下は絶対にもっていったほうがいいですね!

飲み物
登ると結構体力を使うので、冬場であったとしても、のどが渇きます。
ドリンク持参したほうがいいと思います。
ジムで購入となると若干高かったりするので、、、

ボルダリングジムの会員カード
まだジムに行ったことがない人はもっていないと思いますが、ジムで手続した際に、スタッフさんが、発行してくれるので、なくさないようにしましょう。

タオル
実際に運動している際にも汗を拭くという意味で必要なのですが、、、
汗をかいた後そのまま着替えて帰るのって季節によっては気持ち悪いですよね?
ジムによっては、シャワー室が完備されているところもありますので、気になる方はバスタオルを持っていくことをお勧めします。

ボルダリング用の靴について
ジムによって異なりますが、これも行きたいジムのことを調べてほしいと思います。

ただ私の経験上はジムでレンタルがありますし、靴の選び方も教えてくれます。(確か今自分が履いている靴のサイズよりも2センチほど小さめの靴を履いていたと思います)

ボルダリングをする上での注意点

爪は短めに切る
爪が長いとホールドにぶつかって、割れてしまうことがありますので、切ったほうがいいと思います。

時間管理はきちんと各自で行う
時間制になっていて、終了時間をスタッフの方からお知らせすることはないので各自で時間管理を行ってください。

体調管理はきちんとしておく
初心者の方の場合ですと、自身で思っているよりも、実際やってみると感じるのですが、体力の消耗が激しくバテテしまいます。

ボルタリングを行う前日はできるだけ早く寝て、睡眠時間を確保するなり、ゆっくりと体を休めておきましょう。

これから挑戦される方は、プレイ時間は2‐3時間くらいにしておきましょう。

体力の消耗も激しいですし、すぐに筋肉痛になることが多いですので、終わってからもご自身でお風呂にゆっくりとつかって、ケアされることをお勧めします。

僕も初めて行ったときは、自分でも驚くくらい、すぐに手が筋肉痛になったことを覚えています。

注意事項はきちんと確認しておく
初めての方は会員カードの登録後、ボルタリングを楽しむに当たってのルールを知ってもらうためのビデオを鑑賞されると思いますので、そちらも覚えておかれると怪我無く、楽しめると思います。

まとめ

ボルダリングをする上での服装
→最初はどんな服装をしたらいいのか全く分からないですよね。

私も良く分からなくて、ネットで色々調べたり、それでも良く分からん、そんな人向けに私の体験談を元に書いてみました。

持物
→スポーツであることは変わりないので、大体の想像は付くかなと思うのですが、、、最初は何を装備していったらいいのかすら、やったことがないので、不安ですよね。参考にして頂けたら幸いです。

ボルダリングする上での注意点
→怪我がないようにして頂くためには、絶対に必須だと思いますので。

時間管理も各自で行い、ご自身で思われているよりも、体力の消耗が激しいスポーツなので、事前にしっかりと睡眠をとること。会員カードは無くさずに持っておきましょう!

以上となります。
ここまで、ご覧頂きまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました