倉庫作業員3年目男性の熱中症対策3選!

仕事

どーも!林です。

8月に入ったということで、夏本番ということで、かなり暑くなってきましたね!!

コロナという状況もあり、作業中もマスクは必須!なんてこともあって、余計に暑いわ!という今日この頃ですね。

そこで私も作業をしていく中で、結構気にしている暑さ対策について、お伝えしていこうと思います。

暑さ対策に必須アイテムはスポーツドリンク

作業をしている中でも、水分補給って大事ですよね??

私も結構こまめに水を飲むようにしているのですが、水ではなかなか体力を維持しにくいなって、最近身に染みて思います。

汗で流れていきますし、体の塩分等も抜けていくので、集中力も維持しにくい。でも仕事はやらないといけないですし、今日中に終わらせないといけない仕事も結構あったりして、大変ですものね!

そんな時は栄養ドリンクやポカリスエットなどで栄養を補給しながら行くと体力が保持出来て、暑さにも負けず、作業を続けることが出来ているので、本当におススメです!

後、思うのは私もよくやってしましがちなのですが、熱いからと言って、ドリンクを一気しないようにしてくださいね!

気持ちはすごく分かるのですが、こまめに口に入れて、口腔を冷やすようなイメージでゆっくりと飲んでみてください。そうすると、結構気持ちも落ち着くので、、、

体温調節もこまめに行いましょう!

現在はコロナで作業中もマスクをしながら、作業するのは必須ですよね。そうなると倉庫って夏場は暑いのにも関わらず、余計に暑い、、、(泣)

しかも気温はそんなに高くなくても、倉庫って、コンクリートで周りが埋め尽くされていることがほとんどで、風通しも全然なかったりします。そのため、体感気温は40℃‐50℃だったりします。

私もマスクしながら作業をしているので、気持ちはすごく良く分かります。

ですので、マスクの下の顔もかなり汗でびっしょりになっていることも多いので、かなり暑くなってきたな、汗かいてきたなと思ったら、一度マスクを取って、タオルで拭き、深呼吸をしてみましょう。

これかなり、大事!!!

そのまま作業をしていると、経験上では、他の部分、額からの汗が止めどなく出てきますし、息苦しくて、頭が真っ白になってきます。これは相当ヤバい、、、

いったん手を止めることが出来るタイミングで私も水分補給と合わせてやっています。そうすることで、ばてにくい。集中力や体力を持続してくうえで、かなり大切だと思います。

休憩時間の有効活用

夏場の作業スタイルって、結構こまめに休憩をくれたりする現場って多いのかなって思います。お昼だったら食堂や別室で食事を取ったりと。

小休憩の時によくやってしまいがちなのが、コーヒー等のものを買って、一気に飲んでしまうとか、、、

私の経験上ではこれは辞めたほうがいいと思いますよ。

コーヒーって、体の代謝を促進させて、余計に汗を放出する作用もあるそうなので、夏場の作業にはやらないほうがいいと思います。

作業していく中で、「体力を保持したい」「力を出したい」そう思って飲む方も多いのかなと思うのですが、スポーツドリンクに変えたほうが効果的だと思います!

気持ちは良く分かりますが、コーヒーって結局喉が渇く、またそこから水をがぶがぶと、、、

それよりも何もしないで、涼しいところでゆったりとくつろいでください。

他の人とのコミュニケーションを取ることも大切ですが、しゃべりたい気持ちもわかりますが、ジッと堪えて、休憩することに集中するほうがいいと思いますよ!

昼食の時だと、結構長めに時間をもらえたりすることもあると思います。

だからと言って、あちこちと出歩き、休憩時間であるにもかかわらず、結構体力を消耗するなんてことも、、、、

食事が終わったら、仮眠を取るか、ジッとして、ゆっくりとくつろぐほうが得策です!!

まとめ

倉庫作業って、夏は暑いし、冬は寒い。正直冬は着込めばいいだけなので、何の問題もないのですが、、問題は夏ですよね!!

作業をしていく中で、体調管理ってすごく大事、作業員の方の資本は体なので。

・こまめな水分補給について、、水もいいかもしれませんが、それだけでは力が出ないので、必ずスポーツドリンクをもって必ず作業をして頂くことをお勧めします。

・体温調節については、時々マスクを取って、深呼吸。今のご時世コロナで、どこで働くとなってもマスクは必須アイテムですよね、しかも真夏。その中で、体力温存と集中力を保つことに関して記載しました。

・休憩時間の有効活用!休憩時間色々動き回る方も多いのかもしれませんが、木陰や涼しいところで、仮眠を取ったり、動かずにゆったりすることをお勧めします!

ということでした。最後までご覧頂きまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました