関西人なら行ってみて!暑い時なら京都の貴船のススメメと注意点!

アウトドア

こんにちは!林です!

今日も熱いですよね。今日なんて、熱中症の注意報も発令されて、本当であれば家から出たくないし、エアコンの利いた部屋でのんびりとくつろいでいたい、、、今日この頃ですね。

でも休日家にずっといるのも、ちょっと退屈ですよね。仕事のストレスもたまるし、イライラもしてしまうし。だったら、ストレスを発散させるかそれとも癒すかだと思います。

でもどこに行けばいいのか、、、迷いますよね。であれば京都の貴船に行くことをオススメします!




なぜ貴船がいいのか?

管理人の私も仕事に忙殺されると行くことがあります。単純に癒されるからですね。

自然が豊富ですし、木や川に囲まれていて、川のせせらぎを聞きながら、ご飯が食べられる。これって、最高ですよね。

川床があって小さい滝のようなものもあって、緑を見ながら、水の流れやせせらぎを聞きながら。
しかもす涼しい!

炎天下であっても、平均が23度とかなり適温で、汗もかかない。

お店で、お料理を注文しても、仲居さんが持ってきてくれるので、待ってれば出てくるし、そのときに、スマートフォンなどで、写真を取ったりと、風景を楽しむことが出来ます。

しかも夏に行くのがおススメ!(冬に行くと結構寒いようなのでやめておいたほうがいいかもしれませんね!)

私も夏に行って、緑と川床に囲まれて、1時間くらいいましたが、小さな悩みなどどうでもよくなります。

夏の風物詩の提灯のようなものが上にぶら下がっているし、旬のものを使ったお料理が多いので、うれしい限りです。お刺身の盛り合わせが一番無難なのかもしれません。




アクセス面

色々あると思います。電車で行くのもありですし、車で行くのありだと思います。

ただ私が最初に行った時は、車で行ったのですが、辞めたほうがいいなと実感しましたね(汗)

だって駐車場は開いてないですし、その時は運よく、警備員さんに「空いたよー」と声をかけて頂いて、何とか止めることが出来ました。

車で行った際には運よく、前日に雨が降り、行く当日には晴れて、太陽の光が、燦燦と降り注いで、雨のしずくが光、緑も綺麗に見えたということもあり、走っている時も爽快で、走っていくことが出来たのですが(駐車場がなかったら本当に焦ります、、汗)

ということで、公共機関を使うことをオススメです!

もしも京都駅から下車していくのもOKですし、バスを使っていくのもありです。目的地に着くまでの所要時間はさほど変わりはないと思います。お好みで!

諸注意と事前予約は必要!

私が初めて行った時は何もわからず、とりあえず、夏場だし、癒されたいな、なんて気分で車を走らせましが、どこもいっぱいで、家族連れや観光客の外国人の方が非常に多かったのを覚えています。車で行くのもやめたほうがいいなと感じた次第です。(公共機関を使うほうが賢い)

事前に予約をして、行きたいお店の事前予約はして行った方がいいと思います。当日行っても予約がいっぱいなんてことも。

夏だったので、私はあまり気にならなかったのですが、気温が市街地よりも低いので、女性の方はカーディガンを持って行った方がいいのかもしれません。

それとビーチサンダルはダメかも!
敷地は靴下をはいた状態が好まれます。

特にドレスコードなどのマナーはありませんが、それなりの清楚な服装で行くのが周りの人と調和が取れていいかもしれませんね。

まとめ

今回は京都の貴船について書いてみました。この灼熱の夏だからこそ海だけではなく、風流を楽しむのもいいかもしれませんね。

・何故いいのかというお話もしました。

夏の風物詩もたくさんありますし、お刺身もおいしい!
ふだん、お忙しい方ばかりだと思いますし、都会だとなおさら、イライラとしてしまうことも多い、ストレスを感じているよりも、自然に囲まれながらお食事なんて、贅沢を堪能できます。

アクセス面に関しては、自家用車はやめておいたほうがいいです!
道も狭くて、駐車場が空いているようには思えないので、いつもいっぱいのような気がしますので。

・諸注意と事前予約は必須!
空いているお店があるかどうかもわからないので、ネットで予約で行くことをオススメします。

川床の風景を楽しむことはできますが、川に足をつけていいお店もあるようですが、前日に確認していかれるようにしてください。

基本的には、裸足ではなく、靴下をはいた状態で、靴を脱いで、座敷上がるほうが、無難だと思います。

ここまでご覧頂きありがとうございました。




コメント

タイトルとURLをコピーしました