千と千尋の神隠しの伝えたいことは?メッセージ性はある?

アニメ

こんにちは!管理人です。

最近またジブリが話題となっていますね。

4年たっても人気が衰えず、今でも人気のようですね。

人気の高い作品ばかりですが、今回は千と千尋の神隠しで伝えたかったことや、メッセージ性はあるのか?

などが気になり、書いていこうと思います。




伝えたいことは何だったのか?

これに関しては、私も調べてみました。

宮崎駿監督は、ジブリ関係者の方の子供さんと接することが多いらしく、子供に対しては「小さな友人」と考えているようです。

その子供たちに対してのメッセージのようですね。

ハクが千尋に対しての思いなのかもしれませんね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toshio 🇯🇵(@toshio017)がシェアした投稿

こういう綺麗な街並みも外せませんね。

確かにこれもあるかもしれませんね。

湯婆婆に名前を取られて、「千尋」から「千」になっていったシーンがありましたね。

名前を取られた後は、千尋という名前を忘れて、千になっていましたから、自分の名前を大切にするという考えもあるのでしょうね。




メッセージ性はある?

これはあるのでしょうね。

千が迷い込んだ世界で、色んな神様?と接していく中で、人として成長していく姿もいいものですね。

私も何度か見たことがありますが、また見たいなと感じさせられるところが、いいですよね。

確かに千尋のお父さんとお母さんは屋台で、誰もいないにもかかわらず、飲食し、結果として豚になりましたから。

これは欲に溺れるとこうなるという、戒めもあるのでしょうね。

石像の向きに関しては、知りませんでしたね。

このシーンもメッセージありですね。

カオナシは、現代の若者のことを表現しているというのは、結構知っている人も多いはず。

宮崎監督もカオナシを「現代の若者をイメージした」とコメントしており、「ああいう誰かとくっつきたいけど自分がないっていう人、どこにでもいると思いますけどね」と語っているそうです。

美しい世界に関しても、汚いところばかりではないと、いい部分も必ずある。という意味なのでしょう。

また出て来たら、書いていこうと思います。

まとめ

・千と千尋の神隠しから、伝えたかったことについて、まとめてみました。

・メッセージ性についてもまとめました。




コメント

タイトルとURLをコピーしました