大崎高校野球部の清水監督が指南する練習方法とは?

スポーツ

こんにちは!管理人です。

2月13日に、長崎県立大崎高校の野球部の特集がされますね。

奇跡を起こし、甲子園に出場することは可能なのでしょうか?

本当に楽しみですよね。

人口5000人の離島の高校で、県立高校で、3年前には廃部寸前で、部員が5人くらいの時もあったそうです。

そこからどんなふうにのし上がっていったのかが気になりましたので、まとめてみました。




練習方法がユニーク?

強豪高校を相手に立ち向かっていくには、独自で考えた方法で、行くしかないのかもしれませんね。

動画は出てきませんでした。

・丸太をもってのスクワット
⇒これも色々種類があって、丸太をもって、反復横跳びのようにステップして、下半身を鍛える。

・丸太を持ってのスクワットでも、足を開いたり、閉じたりしながら、下半身を鍛える方法も公開はされていましたね。

・ノックに関してもユニーク

選手はうつぶせになり、監督がノックするというもの。
⇒小バウンドの球が来ても、対応できるようにするためなのでしょうか。

飛んでくる打球をきちんと見て、対応できるようにするためかもしれませんね。

練習風景はこんな感じのようですね。雪の中でもこんなに寒い中でも、状況環境に関して、文句を言わず、そこをチャンスととらえて、練習に励まれていますね。




将来が楽しみ?

このように監督を胴上げされていますし、監督は時には厳しく、時には優しくなのかもしれませんね。

本当に自然の多い地域ですね。

自然を生かして、足場の悪いところで、敢えて練習することで、下半身の強化、あるいわ、上半身の強化をしているかもしれませんね。

清水監督の地頭力の良さが、選手にいい影響を与えているのかもしれませんね。

凄い!これからも応援しています。

まとめ

・長崎県立大崎高校野球部の練習方法について、分かる範囲ではありますが、考察してきました。

・これからが楽しみで、知名度が上がれば、優秀な人が増えるのでしょうね。




コメント

タイトルとURLをコピーしました